以下、葛野壮一郎著「四方位の張り欠け」の現代語抄訳(要約)です。

 

四方位の張り欠け

下の図のように、建物の東が張り出ている場合、既に述べた地相の張りと同じように、職業繁栄の吉相とされています。

しかし、東欠けの建物は、吉と凶の両説があります。

たとえば、後年になると繁栄したり、母と子供の仲が悪くなったりします。

 

南張りの建物は、大きく張り過ぎない場合は吉で、住人が富み栄えるとされています。

しかし、張りが大きすぎると、言い争いが絶えず、住人が怪我をするとされています。

下の図のような南欠けの建物は、一時的に繁昌しても、後に必ず衰微するとされています。

ただし、欠けが小さい場合は、災難はありません。

 

西張りの建物は、地相の張りと同じように、吉とされています。

下の図のように西に離れ座敷がある場合も、張りとして扱うので、吉相です。

建物と離れ座敷が、廊下でつながっている場合は、妻が幸福になるとされています。

ただし、張りが大きすぎると、妻が不健康になります。

一方、西欠けの建物は凶相で、言い争いが絶えない家になるとされています。

欠けが大きすぎる場合は、不慮の災いがあります。

また、寺院が西欠けの場合は、僧侶の素行が悪くなるとされています。

 

北張りの建物は吉相で、主人の働きで財産を得て、富み栄えるとされています。

一方、北欠けの建物は、主人が病弱になり、商売が上手くいかず、妻が夫に代わって権力を握るとされています。

また、下の図のように、北東に建物が張り出し、北西に離れ座敷がある場合も、北欠けと同じように扱い、凶相になります。

 

※この記事は、葛野壮一郎著『住宅家相之話 上巻』(高岡書店、大正七年、著作権保護期間満了)の現代語抄訳(要約)です。他の章も公開しているので、ぜひ参考にしてください。

→ 葛野壮一郎著『住宅家相之話』(現代語抄訳)